つむじ風食堂の夜

0

    JUGEMテーマ:

     

    今月の本 1冊目は

    「 つむじ風食堂の夜 」

    吉田 篤弘著 筑摩書房

     

    先日、地区センターのリサイクル図書で

    見つけ、お借りしました。

     

    帯には こんな文字が。

    「 それは、笑いのこぼれる夜。」


    この時まで この本のことも

    吉田篤弘さんのことも存じ上げませんでした。

     

    読み始めると すっと世界に引き込まれていきます。

     

    ちょっと個性的な人たちが集まる食堂で

    交わされる会話に くすっと笑ってしまうこともしばしば。

     

    「 こんな食堂、家の近くにもありそうな気がする 」

    そんな気もしてきます。

     

    なにか特別な事件が起こるわけでもなく

    なにか問題が、解決するというわけでもなく

    誰か特別な人が出てくるわけでもなく

    淡々と過ぎてゆく時間。

     

    淡々と過ぎるなんでもない時間が

    かけがえのない、大切なものだと感じさせてくれる1冊でした。

     

     

    お読みいただきありがとうございます

    生糸

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    0
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
      にほんブログ村
      • 2020.05.09 Saturday
      • -
      • 17:28
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      ごあいさつ

      はじめまして。生糸です。 数あるブログの中からこのブログに足を運んでくださってありがとうございます。日々のことをゆっくり綴っています。よろしくお願いします。

      プロフィール

      最新の記事

      カテゴリー

      カレンダー

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      月別一覧

      recent comment

      リンク

      サイト内検索

      応援ありがとうございます

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      recommend